湘南は鎌倉のグリーン歯科医院が運営する、こどもの歯並び専門サイト「歯を抜かない非抜歯矯正−床矯正」

   
  • 相談診療を申し込んでみよう!
  • メールで相談してみよう!

歯並びきれいになったよ

あれっ??? なんか歯並びが???
おかしいと思ったら床矯正を始めましょう!
矯正といっても、難しく考えることはありません。
歯は簡単に動くのです。子どもならなおさらです。
早い時期の床矯正は治療も楽に行えます。あごが成長するにつれて治療も難しくなって行きます。

では、いろいろな症例を見て床矯正による改善例を見てみましょう。

前歯の叢生
あごが小さく歯の入るスペースがありません。 あごを適切な大きさまで拡大して、歯並びを整えて行きます。

治療前        
           

上あごを拡げながら、右側の2番目の歯(側切歯)を後方からスプリングで押しました。
正常なお口の機能があれば側切歯は自分で前に移動してくれます。

咬む機能が働いてしっかり咬んでいると、左下(5・6)の2枚の経過写真のように、前歯の咬み合わせが深くなり、自然にときれいに並びます。これを生物学的機能療法といいます。
咬む機能がなければ、元の歯並びに戻ってしまいます。これを後戻りといいます。
前歯の反対咬合1
乳歯列期の子どもの5〜10%が発症するといわれている前歯の反対咬合です。
上あごと下あごの咬み合わせが反対のままだと、上あごの発達が阻害されてしまいます。
大人になってからだと歯を抜いて矯正しなければならず、時間も費用もかかってしまいます。
小さいうちからの床矯正であごを成長させながら治療すべきでしょう。

治療前        
           

この子は4才から治療を開始したことで、上あごの発育もうまく誘導出来ました。
左下(6)では充分な余裕を持って永久歯が生えてきていることが覗えます。
このように、床矯正を早めに始めると歯並びをきれいにしながら、より良いお口の機能にして行くことが容易になるのです。

反対咬合は上あごの発育不全です。
上あごの発育不全は顔貌(輪郭)に大きな影響を与えてしまいます。
前歯の反対咬合2

上あごが下あごに比べて小さいか、お絵書きの時のほおづえや顔の圧迫などの悪習癖で、上あごの右側が変形してしまっています。
このままでは顔が歪んでしまうかもしれません。
治療前



萎縮して変形してしまった上あごを側方に拡大します。
矯正過程で前歯が開口になっていますが、前歯を正しく使うことで正しい咬み合わせになりました。
このように治療は機械的な歯の移動だけではありません。
正しい機能が働けば、正しい形態に自然と自分の力で修正されて行くのです。
これがバイオセラピー(生物学的機能療法)です。
前歯の前突(出っ歯)

皆さんは前歯が飛び出しているように見えると出っ歯と一言ですませてしまいますが、出っ歯には上下のあごで「下顎が後退した前突」と「上顎の前歯だけの前突」があります。
治療前

口もとの変化

歯が閉じるようになってきたら、前歯でチューブを咬む訓練をします。
訓練による刺激がお口の機能を高め、前歯の咬み合わせが正常になってきます。
さらに、咬む刺激が上顎骨を育て顔貌(輪郭)も改善して行きます。
治療後のスッキリした顔貌がこの子本来の顔貌なのです。

この子の場合は悪習慣から生じた出っ歯でした。
このように、唇を咬むクセがあるだけでも成長期の歯は簡単に動いてしまうのです。
口もとの変化の治療前の写真(一番左下)のように、下唇が赤く腫れてしまうほどの悪習慣の場合は本人の自覚も大切です。
治療は上あごを側方に拡大して行って行きました。
正中離開
前歯2本が離れて生える症状が「正中離開」です。
原因は、この症例のように過剰歯と呼ばれる余分な歯が邪魔をして正しく歯が並ばないケースと、上唇小帯とよばれるヒダの付着が強くて歯が並ばないケースがあります。
治療前

歯が閉じるようになってきたら、前歯でチューブを咬む訓練をします。
訓練による刺激がお口の機能を高め、前歯の咬み合わせが正常になってきます。
さらに、咬む刺激が上顎骨を育て顔貌(輪郭)も改善して行きます。
治療後のスッキリした顔貌がこの子本来の顔貌なのです。

開いている前歯2本を奥を中心にワイヤーで寄せる治療をしました。

過剰歯や強靭な小帯が正中離開の原因となっている場合は、外科的に切除する必要があります。この子の場合は2本の過剰歯があり、1本は治療の途中で生えてきたので抜きましたが。
残りの1本は抜かずにそのまま放置しました。
床矯正カウンセリング受付中!
床矯正は歯を抜かない矯正治療として注目されています。
当歯科医院にとっても床矯正を通じて皆さんのお役に立てることは喜ばしいことです。
歯並びや咬み合わせのお悩み、床矯正に関する質問などを受け付けておりますので、
お気軽にお問い合わせ下さい。
お電話でのカウンセリング・お問い合わせ
お電話でのお問い合わせは診療時間中に限らせて頂きます。また、治療中などすぐに対応できないこともあります。皆様のご理解をお願い致します。
お電話でのカウンセリング・お問い合わせ
メールでのカウンセリング・お問い合わせ
学会や研究会への参加、休診日などの関係でお返事に4・5日かかってしまうことがあります。
出来るだけ速いお返事を心掛けておりますので、皆様のご理解をお願い致します。
相談診療を申し込んでみよう!
当歯科医院での診療・カウンセリング
当歯科医院では床矯正のカウンセリングを行っております。
歯並びや咬み合わせ、顔の輪郭などの顔貌についてお気軽にご相談下さい。
予約トラブルなどでご迷惑をお掛けしないよう、フォームからの5日以内のご予約は出来ません。
皆様のご理解をお願い致します。
メールで相談してみよう!